「ほっ」と。キャンペーン

Concerns on Laboratory Animals


動物実験数増加、反動物実験広告解禁要求、偽装など

イギリスの動物実験数がこの14年間で最高の記録
イギリスの動物実験数14年来の高記録。反動物実験団体の活動が手厳しいが、1992年に291万件の動物実験数を記録して以来最高の290万件に増加し、2005年に比べて6万件も増加している。反動物実験団体の反発は避けられないと見られる。


イギリスで反動物実験団体が動物実験反対広告解禁を求め裁判へ
イギリスで反動物実験団体がTVなどでの動物実験反対広告解禁を求め裁判を起こした。
イギリスの反動物実験団体Animal Defenders International (ADI)の広告「My Mate's a Primate television」が、政治利用広告であるとして、放送禁止措置を受けた。ADIは、「この措置が 欧州協定に反し、人権侵害である」として高裁に提訴した。この事件については、アムネスティ・インターナショナルとRSCPA(王立動物保護協会)が関心を寄せており、ADIに味方する発言を行っている。なお、スイスでも似た事例があったが、このときは、テレビでの広告は認められなかたっが、pressによる広告は認められた。


反動物実験団体が「Cancer Project」名で動物権プロパガンダ
反動物実験団体が「Cancer Project」名で動物権プロパガンダを実施した。 ワシントンに拠点を構えるPhysicians Committee for Responsible Medicine (PCRM)が「Cancer Project」名でシンポジウムを先週末開催。

エコテロリスト3名が服罪 >
エコテロリスト3名が刑に服することになった。遺伝子改変施設やスキーリゾートなどを妨害したことで起訴されていたELF/ALFの3人が5年から15年の懲役刑に服することになった。アメリカ国内で1996年から2001年の間に16件・2000万ドルの損害を与えた。2000年には交番爆破なども起こしている。なお、他の3人がこの火曜日に服罪し、3人が逃亡中、10月31日に4人の裁判が行われる予定である。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-07-24 21:59 | 動物実験


過激にして、ドジ?はた迷惑な話

動物権過激派UCLA教授を襲う
ALFがUCLAの霊長類研究者を襲うつもりで、間違って他人の家に爆弾を仕掛けたとFBIが述べた。
ALFは6月30日にLynn Fairbanksの家に爆弾を仕掛けたと表明したが、実は隣の家だったことが判明。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-07-23 10:10 | 動物実験


過剰な反応とそのしっぺ返し

ドリーの生みの親は嘆く
ドリーを開発したWilmut教授はもはやイギリスではクローン動物をつくれないと嘆いている。イギリスは最初に成熟個体細胞からの哺乳動物のクローンを成功させたが、農業研究の削減で農業動物の複製は中止したままである。
イギリスが出遅れた間に日本やアメリカが商業的にも抜きん出ることとなった。

動物権活動家に有罪確定
おばあちゃんと、娘(嫁?)、孫でドライブしていたところを、SHACの創設者の一人を含む3人組が襲撃した件で、7月3日、有罪が確定。今月末、量刑確定。このうち一名は、以前の事件で保護処分となっ
ていたが、この保護処分が今回の事件に関係していると見られている。

動物権過激派は「しっぺ返し」を顔面受け
動物権過激派は注目を引こうと派手なスタントや暴力を使うが、「しっぺ返し」にあっている。ALF(2005年にはアメリカのDHSがテロ集団に認定している。)は19世紀に狐狩り廃止に始まり、いまは製薬会社に講義している。2001年にHLSのCEOを斧の柄でなぐり、GSKの幹部宅に火炎瓶をしかけ、Oxford大学のボートハウスを放火している。2004年にはモルモット生産業者の親族やGSKの株主が嫌がらせなどにあっている。
本年、16歳の少年の発案で、動物実験擁護活動、PRO-test運動が開始され、また、動物実験が必要という請願運動People's Petitionへと発展した。BUAVは2003年に自身が行なった投票では75%が動物実験反対であるとしているが、70%が賛成という結果となっている。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-07-12 21:31 | 動物実験


同種移植など

target="_blank">動物虐待女性に夜間消灯外出禁止命令
21日付BBCによると動物虐待で10年間動物飼育が禁止された女性に女性が動物を再び購入
できないよう、夜間消灯外出禁止命令が課された。RSCPAがこの刑を歓迎。

イギリスでは動物園からマーモセットなど希少動物の盗難が相次ぐ。
絶滅危惧種のサル5匹がEast SussexのAlfriston,近郊の動物園から盗まれた。この中には、病気の母ザルや生まれて間もない赤ちゃんザルも含まれている。当局は、盗まれたサルは個人のコレクションに入れられたものと見ている。

動物保護団体により中国で猫料理店開店が阻まれる。
中国人は犬や猫も食べるが、これに反対する団体が開店前の料理店に抗議。店が開けられなくなった。


イギリスで獣医領域でのHomeopathy論争
同様の記事>
同種動物に移植することについて賛否が分かれている。農場ではよく使われる治療方法であるが、生命の平等の問題や、効果について疑問視する向きがある。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-26 22:41


税金で反動物実験活動

日本経済新聞朝刊(2006年6月18日朝刊)が、アメリカで「保護団体エスカレート」「米で動物実験中止訴え」「脅迫事件に発展も」「議会、規制を検討」との内容の記事を報道しました。
実際アメリカでは、動物権過激団体の取り締まりが増えているようです。
過激団体自身が、「2004年以来、FBIが逮捕・立件が増加して、所有権関連犯罪としては前例の高額な罰金刑を科したり、活動家に国家に寝返るよう脅迫している。まるで1948年の'the red scare campaign'のようにALF/ELFを目の仇にしている。'the green scare' とも言うべき事態だ。」と批判している。
2005年12月7日には、FBIがアメリカ史上最大の一網打尽作戦を行い、大物が逮捕し、30年の刑が確定した。また、最近では、the Animal Enterprise Protection Act違反で逮捕(2004年)されていたSHAC7のうち6人が有罪となっている。これに抗議するものたちが、収監者・召還者のためのホットラインを開催し、'the green scare' 反対集会をするらしい。
イギリスでAnimal Rights Millitantsが合法的に税金から援助金を得ていたlことがあかるみになった、これをOxford大学の動物実験施設建設反対闘争資金としていた。総額は数万ポンドにおよぶらしい。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-19 22:29 | 動物実験


動物実験に関するディベートと、ブッシュのバイオデフェンスラボ

You won't find chimps having this debate
After the demonstrations and court battles, isn't it time to talk calmly about animal testing? We ask two leading philosophers to debate the rights and wrongs
Guardinに動物実験賛成派・反対派の2人の著名な哲学者のディベートが掲載されました。概要は以下の通り。
反対派論客は、「動物解放哲学(the philosophy of animal liberation)」のパイオニアの一人であるRichard Ryderであり、賛成派の論客は人と動物の違いについて熱心に検討しているKenan Malikである。Richard Ryderは「Specism」という言葉の生みの親である。

<Richard Ryderの主張>
不必要な動物実験に反対する。その理由としてのSpecismは合理的ではない。人種差別が人種の違いを基本としているように、Specismも種の違いに重きを置いている。モラルの問題である。動物が理性を持たない、モラルや自覚などがないということで、人と違うのだとするのなら、重度の精神障害者はどうなのか?彼らは実験に使われてもいいということか?人と動物の違いは、質的な問題ではなく、程度の問題ではないのか?我々だけが苦痛を感じる動物だと言う科学的な証明ができるのであれば、自説を曲げても良い。

<Kenan Malik>
人と動物の間には、根本的なモラルの違いがある。人はモラルシステムを作るなど理性的であり、主体といって良いが、動物は自覚という物がなく、客体というべきものである。子供や重度精神障害者についても、子供はこれから自覚を持つであろうし、障害者はかつてそうであったはずであり、この点で動物と異なる。進化論を持ち出して、動物から徐々にという理屈で混乱させては成らない。人の道徳性といものは、存在を求めた闘争である。霊長類学者は文化という言葉を動物の癖・習慣と混用していることがある。例えば、魚釣りをするサルの話がそうである。人ではそんな癖のようなものは文化とは言わない。過去から学ぶことが文化である。もし、動物が人と同じように理性的、道徳的自覚を持つと証明できるのであれば、自説を曲げても良い。


二つ目はブッシュのバイオディフェンスラボ建設関係
Hearings Set for Proposed Biodefense Lab
ブッシュ政権が、サンフランシスコ近郊でHIVやペストを研究するバイオディフェンスラボの建設を推進しようとしているが、地域住民が反対。事故・地震で危険な病原体が流出するのではないかと懸念している。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-14 23:01


霊長類が人権をもつようになる?!(スペイン)

スペインでNon-human Primatesに「人権」を与える法律が検討されている。
Non-human Primatesについて、人と同様に扱うべきとする論調の記事が各国のALF関連サイトで掲載されているが、スペインがサルに人権を与える最初の国になるかも知れない。
下院議員のFrancisco Garridoが、霊長類の「"ownership"から、 "moral guardianship"という概念に変更する内容。つまり、霊長類が、赤ん坊や重度の障害者と同じような権利内容になる。」と語っている。
霊長類は動物園からサンクスチュアリに移動することになる。
正当防衛や医学的な安楽死を除き、霊長類の不適切な取り扱いや殺生は犯罪となる。
今月の終わりの環境委員会の前に霊長類の権利改善を申し入れ、夏の休会の後、法案を提出する予定。
ローマカトリック教会は「人でも胚などに人権が認められていないのに、サルに人権とは・・・ばかげた話だ」と発言。
アムネスティも憂慮を表明している。
その一方で、the Great Ape Project (GAP)(Seattleに本拠を置く圧力団体)はこれを評価し、フロントページに掲載。
なお、1999年にニュージーランドは、ほとんどの外科的処置が困難とも思える厳しい基準で霊長類の実験を政府許可制としている。

また、サル施設建設が停止しているOxfordで、ハラスメントリスクがあるとして新しい裁判所命令が出た。これにより、、新たに「サル飼育施設建設にかかわる労働者の住む区域」の周囲が動物実験反対デモ禁止区域となった。なお、週1回指定された場所でデモを行う権利は、動物実験反対派に残されている。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-12 22:09 | 霊長類


動物実験はしておくべきなようで



ACE(高血圧治療薬)で出生異常

ACEで妊娠初期投与で出生時異常増加(2%⇒7%に)。ACEは古い薬剤だが、妊娠初期の動物実験情報はあまりない。
→やはり、情報がないと打つ手が遅くなる。古くから使われているから安心ということではなく、きちんとした情報があるかどうかが大事だと言うことでは。動物実験がされたものというのは最低限の条件では・・・。


ディズニーがペット産業に進出。
→これでまた大儲けするのでしょうね、きっと。プーさん柄のTシャツを着たドラネコとか、ガリガリのオドオドしたチワワとかを見ることになるのでしょうね。

ペット用品で銭儲け
なんていう記事も出ています。
やれやれ。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-10 21:50 | 動物実験


動物実験の有無がニッチ市場形成

When big business bites  Can niche firms keep their fans when snapped up by the multinationals?
国際企業が相手にしていなかったニッチ市場がここに来て、広がりを見せている。例えば、動物実験をしていないということが、差別化商品の目玉なるのだ。



「スーパー抗体」新薬の誤算
 2006年6月7日 14時35分
本年3月13日、ロンドンで、リウマチなどの自己免疫疾患や白血病への特効薬となる可能性のある「スーパー抗体」「TGN1412」の臨床試験が行われたが、これで6人がまさに「死にかけ」た。ウサギとサルでの動物実験は取り立てて不都合なく終了したが、、サルで使われた量の500分の1という少量での投与量で有害作用が認められた形だ。
→今後、動物実験反対・動物実験不要の象徴的事件として取り扱われそうである。


[中国]調査:過半数が「ペットは家族」と意識、飼うための費用は月100元程度:日系BPが報道。
若い世代ほど、ペットを家族と考える傾向が強い結果。男女では女性が、地域的には上海で、高収入の家庭ほど、その傾向が強いとのこと。



Simian source found for Aids
Guardian Unlimited, Friday June 9 2006 Ian Sample
エイズは、カメルーンの南東部で、1930年代にチンパンジーのSIVが人の間に侵入したのが始まりとの研究が発表された。


Bird flu has subsided in India - top official
Wed 7 Jun 2006 7:50 AM ET By Palash Kumar
インドでは数ヶ月新たなトリインフルエンザ発生なし。インドは危機から脱したようです。鳥の渡りとの関係もあり、あんのんとはしていられないかも知れませんが・・・・・。


Thai protests stop elephant move
Last Updated: Wednesday, 7 June 2006, 06:03 GMT 07:03 UK
タイで動物以後団体がオーストラリアへの象輸出を阻止。

本件については、Indepenndenntも報道。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-10 21:33 | 動物


タクシーに乗ったオランウータンプノンペンで解放

Wildlife activists in Phnom Penh have rescued an ailing orangutan from a government official who was taking it across the Cambodian capital in a taxi
プノンペンでオラウータンが役人の同乗するタクシーから野生動物の活動家によって、保護された。当然の事ながら、持ち主は激怒。カンボジアでは、安物の動物園で大型霊長類を見せ物にしているとのことです。


野生動物関連で、もうひとつ。


Pyrenees farmers win battle against bears

スロバニア産熊を人工的に導入して、ピレネーの熊を再生する計画はフランス・スペイン両政府が進めてきたものでしたが、頓挫。フランス・スペイン両国の農家が作物・人への害をおそれて反対したためです。
[PR]
# by yssbrnkns | 2006-06-07 22:45

    

主に海外新聞掲載情報の紹介
by yssbrnkns
カテゴリ
全体
実験動物
動物実験
霊長類
海外情報
動物
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
Indeterminac..
from Seid Khiter
Attila_the_H..
from Ein Feldlager ..
edeq apu
from bceolo nie
oolg yoale
from udeiw uv
eyanage rbue..
from zaag edotev
金でできた印鑑
from 金の印鑑
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧